おししくて続けられるみんなに人気の青汁を掲載中

子供にも青汁を飲んでほしい!野菜嫌いの子供たちへの効果とおすすめ理由

kodomo

幼い子どもたちの“生活環境疾患”が拡大している事を把握されているでしょうか?

生活習慣病と聞かれると中高年が掛かるものと感じている思い込みがありますが、現在幼子の太り過ぎや高い血糖、高脂血症が広がっているというから驚嘆しました。

生活習慣病を発症させる一番大きな要因は、フードスタイルの乱れだと言えます。野菜は大の苦手、食べ物はジャンクフードと炭酸ジュース…などという小中学生がたくさんいることが背景ではないでしょうかね。

食べ物がアンバランスになり気味の子ども達に青汁を服用させてもよろしいでしょうか?

 

青汁は幼稚園児や小中学生の野菜欠如克服におすすめ

野菜きらいの低年齢層がグビグビ飲用するのは本当か?今の日本国民は野菜不足の流れにあり、この状態は子ども世代も同様です。何が何でも青汁を用いて小さな子の野菜不足をストップしてください。

近年の日本人の栄養素入用量による毎日の野菜摂取量の規準は、

6~11才 → 240~290g
12~14才 → 300g
おとな → 350g

に設定されています。

しかしながら、厚生労働省が敢行した平成24年一般人健康的・養分研究結果によると、7~14才の野菜摂取量が通常245g、成年者は平均286gと言われています。

先述の記録からしても確認できるように、大人でほぼ64g、ちびっ子でも50g程度の野菜が足りなくなっているようです。野菜苦手なお子さんでは、さらに何種類もの野菜が必要とされていることが分かります。

カップ1杯の青汁を飲んだら、小茶碗1杯分(緑黄色野菜50g程度)の野菜を補給することが可能なので、年少者の野菜不足解決法に調度いいと思いますね。

 

お菓子、ハイカロリーなものより青汁に乗り換える

ちびっこのライフスタイル病予備軍が拡大中のバックグランドに、

町の中にジャンクフードショップやコンビニエンスストアがいっぱい存在する
時間の無い保護者が多くなり野菜を大量に使ったお手製の調理するひまがない
学習指導塾やクラブ活動で暇がないのでジャンクフードで素早く終わらす児童が増大した
出先で運動する局面が減り運動不足が生じている

といった根本的要因があります。

おやつ菓子やジャンクフード・ポテト、ジュース飲料水はカロリーだけ高く、野菜やビタミン・ミネラルはかなり減っていると考えられます。

更には塩気、糖質、油のとり過ぎになるせいで血圧、高血糖、コレステロール数値が高くなってしまう時もあるようです。

こんな感じの食生活は、簡単でお腹いっぱいにする事が可能ですが、適正な食べ物が入らなくなって、栄養物の均衡を崩してしまうと思います。

それを食い止めるためには、自宅で栄養配分のとれた献立を小さな子に与えるように努力すること。

その上、カロリーの高めドリンクを青汁といった風な健康的な物に取り換えるようにすれば幼児の太り過ぎや成人病の対処法に最大の良い結果が期待できます。

 

幼い子供たちは青汁を摂取してくれるでしょうか?

kodomo_aojiru”そうは言っても小さな子が青汁など飲みつけてくれるのかな?”と感じている親もいらっしゃることと思います。野菜嫌な若年層が、野菜のジュースをおもしろそうに飲むのか疑念を抱くことも考えられます。

青汁いうものは「苦くて美味しくない」と考え方る傾向にありますが、ここ数年飲み易く改善された青汁も数多く、大麦若葉やレモン・はちみつが入った青汁は飲み易いことで好まれるちびっ子も珍しくありませんよ。

もしも青汁が嫌いなお子さんには、粉末青汁をお菓子や食品に一緒にして与えるといった手段も上手くいくと思います。

ひとつの例としてアイスクリームやミルクに一緒にすると抹茶テイストに近くなるでしょうし、パンスウィーツや卵焼きに加えても美味しいです。清潔感のある色も子供が味わうカギに結び付くなのではないでしょうか。

 

養分摂取と食べ物教育に青汁がおすすめな理由

小中学生は生育期ですので、身体に必要不可欠な栄養分が不足してしないよう注意します。青汁を用いることにより幼い子供たちの栄養素管理が容易に出来ることから役に立つでしょう。

しかもそればっかりでなく、青汁を飲用するお蔭で野菜の大切さや自然食べ物の美味しさを子どもと父母で見直しできる機になりますと良いなあ、と認識しています。

青汁は、野菜のしぼり汁ということで実際のところは体に悪影響ははないのです。ですが小児の内臓は成人の方より繊細です。飲用し始めはちょっとで試み、身体の具合を見て青汁の量をコントロールするように留意してください。