おししくて続けられるみんなに人気の青汁を掲載中

妊娠中や授乳中に青汁を飲んでいいの?大丈夫なのか心配な人は

ninpu

妊娠していない時には、何も気にせずただ栄養をとるために飲んでいた食品や付けていた化粧品。たくさんありますよね。それが妊娠したとたん、本当に体にとっていいものなのか?今一度確認する方も多いのではないでしょうか。

おなかの赤ちゃんにとってはあまり好ましくない代物もたくさんありますが、青汁は基本大丈夫ではないでしょうか。

特定の栄養素を摂り過ぎると胎児に影響を与える場合もある…ということもありますからなかなか青汁を摂ることはためらう事もあるのでは?

ですが青汁はビタミン剤などとは違い、「野菜」ですので青汁を飲む事は野菜を食べているのと同じ事、一日1~2杯という常識的な量を守っていれば特定の栄養素が過剰摂取になる事はないんです!

成分としては野菜を主に使っているはずですから、つわりやお腹の圧迫感から、食事をちゃんととれていないという方にはもってこいの品物だと思います。

万万が一体にあまり良くない成分が入っていたとしても、一度に大量に摂取するものではないですし、母体がフィルター代わりになり、ダイレクトに赤ちゃんに届くという事はありません。

妊娠中や授乳中でも大丈夫

ましてや基本的に、世の中に出ている青汁というのは、健康になるための補助的な食品ですよね。緑の野菜が主原料になっていて、粉状の商品を水やお湯に溶かすことが多いはずです。

そんな野菜代わりの食品ならば、なおのこと、動きづらく体が重い妊娠期間や夜中も起こされて睡眠不足気味、という授乳中の女性にはうってつけです。

もちろん授乳中も、母乳を通してダイレクトに母親が食べた栄養が赤ちゃんに行き届くわけではありません。あまり神経質にならずに、しかし確実にいい母乳を出すためにも、飲むことはいいことではないでしょうか。

薬ではないので、飲んだからと言って即効性があるものではありませんが、続けることに意味があると思います。